エステティシャンの認定資格制度にはどんなものがある?

エステティシャンに資格は必要?

エステティックサロンを訪れる人は、そこで働くエステティシャンの技術に対してお金を支払います。
当然、エステティシャンにはプロの技量が求められています。
エステティシャンはお客様の肌に直接触れるため、それなりの知識と経験は必要です。
しかし、エステティシャンになるための資格というものはなく、何の資格がなくてもエステティシャンになることは可能です。
エステティシャンの養成学校や専門学校を出ていたり、エステティックサロンの従業員として修業を積んでいたりと技術を磨いた人ならば資格の有無は関係ないということですね。
とはいえ、施術を受ける身としてはエステティシャンに本当に技術があるのか否か判断することは難しいものです。
特に初めてエステティックサロンを利用する人は不安なことでしょう。
そこで信頼できるエステティシャンかどうかを判断する参考となるのが認定資格です。

エステティシャンに資格は必要?

エステティシャンの主な認定資格

エステティシャンの認定資格は民間資格として多数存在します。
その中でも最も有名なのは、日本エステティック協会の認定資格です。
「認定エステティシャン」のほか、「トータルエステティックアドバイザー」「フェイシャルエステティシャン」といった認定資格を取得できます。
また、「CIDESCOディプロマ」(CIDESCO-NIPPON)、「AEAインタ−ナショナルエステティシャン」(日本エステティック業協会)などもあります。
実務経験を数年間努めなければ取得できない上位の認定資格もあるため、参考にするには十分でしょう。
資格不要のエステティシャンですが、認定資格を持っていなければ施術させないエステティックサロンもあります。
認定資格を取得していなくても施術が上手なエステティシャンはいますが、安心して自分の身体を任せられるのはやはり資格を取得しているエステティシャンでしょう。
スタッフの資格の有無について知りたい人は、施術前にご質問いただければ幸いです。

エステティシャンの主な認定資格

tel:0120-057-860 tel:0120-057-620 tel:0120-058-565

定休日:第2・第4日曜、祝祭日

営業時間:10:00~21:00(平日)

10:00~18:00(土曜・日曜)

  • フォームからのご相談・お問い合わせはこちら
  • よくある質問(FAQ)はこちら
  • 体験コース情報はこちら
  • キャンペーン情報はこちら